こんにちは。コウタ塾のウェブライターの卵、Moppeppe3です!

今回記事を書くのは2回目で、まだまだ緊張しています。

プレゼントもありますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

新しいことを始めると、自分の行動が正しいと継続的に自信を持って思えるのが難しくなることがありませんか。

今日は、肯定的な感情と否定的な感情は逆方向を向いているのに、

実は紙一重であるということについてお話したいと思います。

 

物事に取り組んでいて、最初はやる気が溢れていたのに、ちょっとつまずいたり、

なかなか自分の思うように事が進まなかったりすると、

不安を感じることってありませんか。

その不安を感じる時間が長期に亘ってしまうと、

本来、もう少しそこで踏ん張っていたら、乗り切れて道も開け、

前に進むこともできたはずなのに、

自分は何もできないダメな人間と自分でレッテルを貼ってしまう。

こんなことで成功する人なんて、ほんのわずかだと言って、諦めてしまう。

 

しかし、物事に対して、肯定的、否定的になるのは、実は物事そのものではなく、

私たち自身の感情がそう思わせてしまっているのでは、と思うのです。

つまり、その物事が自分にとって、良いものか悪いものかは、

本当の意味での「悪事」以外は、

自分がどう向き合うかで判断を変えることができるということです。

 

たとえば、もう間もなく、梅雨が明け、暑い夏がやってきますね。

この【夏】を  「楽しい」「気分が熱く燃え上がる」などと肯定的に感じる人もいれば、

「鬱陶しい」「暑くて気分が滅入る」と否定的に感じる人もいます。

私自身はどちらかと言えば、後者の否定的な方です。

暑くて疲れるし、紫外線は強いし、

その紫外線のせいで洗濯すると服の色があっという間に褪せてしまうし、

空が青すぎて目が痛くなるし・・・

加えて、常夏のマレーシアに住んでいて、このコロナ禍、ここ2年日本に帰国できず、

「涼しくて気持ちいい」「暖かくて気持ちいい」を肌で感じていない、

というのもあるかもしれません。

また、 「寒い」と感じる経験がなく、

暑さに飽きてしまっているのかもしれません。

一方、私とは違って、実際に夏になって海やプールで泳ぐのを

心待ちにしている子供たちがいたり、

暑いのを気にせず、集まってキャンプをしたり、

野外コンサートや花火で盛り上がっている大人もいます。

また、夏の暑気と一体化して「熱く」なって、

様々なイベントにやる気を出している人もいますね。

 

物事を肯定的、否定的に感じるのは、物事そのものの善し悪しではなく、

その時点で私たち自身が物事に対して持つ感情によるのではないかと思います。

私たちは、良いと思うことは自分に引き寄せようとし、

嫌だと思うことは、自ずから近づけないよう試みます。

例えば、インターネットビジネスで、何か新しいことをして収入を得ようとすると、

最初は心を躍らせて取り組んでいて、継続して上手く前に進んでいく人もいれば、

  1. やり方がわからない、複雑だと言って諦める。
  2. やり始めたけど、自分が期待したほどすぐに結果が出ずに諦める。
  3. 結果が自分の期待したほどでなくて諦める。
  4. きっちりと指示通りにやったのに結果が出なくて諦める。

と、インターネットビジネスを否定的に考えてしまう人たちが出るかもしれません。

 

しかし、1.のやり方がわからない、複雑だと思った段階の前は、

「ネットビジネスをやろう」と肯定的に捉えていたわけですから、

「わからない」という生じた問題を、例えば、「やり方を探す」ことで解決できれば、

1で諦める必要はなく、インターネットビジネスについても引き続き、

肯定的に捉えられると思います。

2.のやり始めたけど、すぐに結果が出ずに諦める場合、

3.の 期待したほどの結果が出なくて諦める場合は、

もう少し辛抱強く待ってみるとか、

結果が出た人に経験話やアドバイスをもらうなどのような行動をとってみることで、

問題が解決し、続けることができるでしょう。

4.の指示通りにやったのに結果が出ない場合も、

自分のこれまでの行動が本当に指示通りだったのかをもう一度見直して軌道修正したり

誰かにアドバイスをお願いしたり、

ひょっとしたら、自分に合っていない方法を採用してしまっているかもしれないので、

新しい手法、方法を見つけて試すなどしてみれば、継続は可能になるのではないでしょうか。

このように、何かをするときに、否定的な感情を持ってしまって、諦めようとする場合、

この否定的な感情を引き起こした根本的な原因を一つ一つ見つけて問題としてとらえ、

解決することで、前に進むことができ、夢も叶えられるのです。

 

結果として、肯定的な感情と否定的な感情は、背中合わせではあるものの紙一重でもあり、

物事を肯定的に感じたり否定的に感じるのは、自分自身のその時に持つ感情によるもので、

否定的に感じさせてしまう問題を解決することで、

物事を肯定的に捉えられるようになるのは可能なのです。

であれば、私が、嫌いな暑い夏を楽しめるようにするには、

自分がなぜ夏が嫌いなのかをまず分析し、

その理由一つ一つ(暑くて疲れる、紫外線が強い)を問題としてとらえ

解決する(なるべく休養をしっかりとる、紫外線をカットするサングラスをかけたり、

上着を着たりする)ことで、少しでも快適に過ごすことができるようになる可能性は

十分あると言えるでしょう。

 

否定的な感情を持つことを回避しながら、回り道をせずに、

インターネットで新しいことを始めたいというあなた、

良い近道あります。

仮に問題にぶつかったとしても、十分なサポートですぐ解決できますよ。

⇩  ⇩  ⇩

 

 

おすすめの記事